岡山市水道局 ようこそ岡山市水道局のホームページへ  
文字を大きくするには サイトマップ サイトの説明 ご意見・お問い合わせ
お客さまへ 事業者の方へ 水質について キッズコーナー 事業案内
ホーム>お客さまへ>よくある質問 Q&A>家庭でできる節水のポイント
 よくある質問 Q&A
 
 家庭でできる節水のポイント
一人一人の工夫で上手に節水!!
 
 ポイント1
しっかり閉めて! じゃ口はこまめにしっかり閉めて、流しっ放しにしないようにしましょう。閉め方がゆるくて水がもれたままだと、たとえ少しずつでもかなりの量がむだになります。 1日に無駄になる水の量
 
 ポイント2
ため洗いで! 食器洗いは、洗い桶に水をはって「ため洗い」で。流しっぱなしで洗うと約110リットルの水を使いますが、ため洗いだと約20リットルですみ、1日で約90リットル(バケツ9杯分)の節水になります。また、油汚れのひどいものはあらかじめ紙などでふき取ってから洗いましょう。
90リットルバケツ9杯
 
 ポイント3
洗いっぱなしは、だめ! 歯磨きのときは、こまめにじゃ口を閉めましょう。水を流しっぱなしにすると、30秒で約6リットルになります。ところがコップを使うと3杯(約0.6リットル)程度ですみ、約5リットル(バケツ半分)の節水になります。
5リットルバケツ半分
 
 ポイント4
こまめにとめて! お風呂には効率よく入り、シャワーはこまめに止めて使いましょう。一般の浴槽は約200リットルの水が入ります。残り湯の半分を洗濯や洗車、散水などに再利用すれば約100リットル(バケツ約10杯分)の節水になります。
100リットルバケツ10杯
 
 ポイント5
まとめ洗いで! 全自動洗濯機と二槽式洗濯機では、全自動の方が使う水の量が少なくてすみます。ただし、二槽式でも「ためすすぎ」を使うと、注水すすぎより約55リットル節水でき、全自動並の使用水量になります。また、少量をそのつど洗濯するのではなく「まとめ洗い」を心掛けましょう。洗濯を1回控えると、全自動の場合、約110リットル(バケツ約11杯分)の節水になります。さらにお風呂の残り湯を使えば、節水につながるだけでなく、水温が高いため汚れ落ちがよくなるといったうれしい効果もあります。
100リットルバケツ10杯
 ポイント6
バケツにくんで 洗車のとき、ホースでの流し洗いでは、20分間で約240リットルの水を使うことになります。バケツにくんだ水を使って洗うようにしましょう。
 
この他にもそれぞれのご家庭にあった節水方法を考えて、資源としての水を有効に利用しましょう。
 
問合せ:
電話受付センター
電話086-234-5959
 

 
岡山市水道局 郵便番号700-0914 岡山市北区鹿田町二丁目1-1  copyrights(c)2007 Okayama City Waterworks Bureau all rights reserved.
更新履歴 更新履歴