キッズコーナー
わたしたちの水道
くらしと水
水がとどくまで
水を守る人々
水を大切に
水道水のできるまで
水道クイズ
水の性質知ってる?
工作コーナー
児童作品入賞者発表
小学校へ出前授業
水のミニ科学館 岡山市水道記念館
キッズコーナー
 
くらしと水
水道が使われるところ水道がなかったころ水道のあゆみ
水道がなかったころ
川でせんたくやあらいもの
川の水や井戸 (いど) 水が、飲み水、せんたく、食器 (しょっき) あらいなどの生活に使われていました。江戸時代 (今から300年前) 以後 (いご) 、町では飲み水が少なかったので、西川や旭川 (あさひがわ) の水をこして売りにくる人がいました。
井戸で水くみ
1902年の岡山市のけんさでは、2,207の井戸のうち、飲み水になるものは、わずか50しかありませんでした。
  井戸で水くみ
 
伝染病 (でんせんびょう)
川の水や井戸水をそのまま飲み水にしていたので、おそろしい病気がはやることがありました。1893年〜1894年には赤 (せきり) で138名もの人が死亡 (しぼう) し、1895年にはコレラで414人もの人が死亡しました。

  伝染病のようす
1895年に大流行したコレラ。
当時のようすを伝える絵。
いつごろ水道ができたのだろう?水道のあゆみへGO
 

 
岡山市水道局 郵便番号700-0914 岡山市北区鹿田町二丁目1-1 電話086-234-5907 copyrights(c)2007 Okayama City Waterworks Bureau all rights reserved.
更新履歴 更新履歴 岡山市水道局トップページへ キッズコーナートップページへ