岡山市水道局 ようこそ岡山市水道局のホームページへ  
文字を大きくするには サイトマップ サイトの説明 ご意見、お問い合わせ
お客さまへ 事業者の方へ 水質について キッズコーナー 事業案内
電話受付センターのご案内
水道料金
サービス
給水装置の維持管理
指定給水装置工事事業者
給水装置の修繕対応事業者
水道工事のお知らせ
防災情報
お知らせ
よくある質問 Q&A
様式コーナー
トップページへ戻る

防災情報

ご家庭でできる災害対策災害時の応急給水場所
水道局の災害対策 (施設、資機材等)水道局の災害対策 (体制等)

 水道局の災害対策 (体制等)

 

訓練(平成9年度から毎年実施しています。)

平成30年10月18日、岡山市立御休小学校で水道局災害対応訓練を実施しました。旭東浄水場ほかから御休小学校へ給水車で飲料水を運び、岡山市水道局退職者災害時支援協力隊・第一環境株式会社・岡山県広域水道企業団の災害応援隊と協力して給水訓練を行いました。
訓練には御休学区連合町内会や同校から数多くの参加があり、水道局が災害用に備蓄している飲料水袋(背負い式)を使用して給水・運搬を行う応急給水訓練を実施しました。また、西祖町内会にご協力いただき、ご家庭で実際に断水を体験し、水の大切さを実感していただく訓練も同時に行っています。

災害時における応急復旧等に関する協定を結んでいる岡山市管工設備協同組合による応急復旧訓練では、配水管から家庭に水が届くまでのしくみの説明と配水管の修理実演を行いました。

応急給水計画の説明
受水槽からの応急給水
非常用飲料水袋の運搬訓練
飲料水袋を背負って運搬配水管折損修理
応急復旧訓練の様子
 
上へ戻る↑

岡山市水道局退職者災害時支援協力隊

大規模災害時において、市民の安全及び給水確保に努めるため、岡山市水道局の退職者が有する水道に関する知識、技能及び経験を活用し、被害情報の収集、応急給水活動を支援することを目的として、平成20年4月25日から岡山市水道局退職者災害時支援協力隊を設置しました。
協力隊の隊員は、75歳までの岡山市水道局の元職員で平成30年6月現在の隊員数は65名です。
発足式の様子
発足式の様子
臨時給水の訓練をする支援隊隊員の方々
臨時給水の訓練をする
支援隊隊員の方々

上へ戻る↑

他都市との協力体制

阪神、淡路大震災、東日本大震災などでは全国の多数の水道局が給水、復旧工事等の応援活動を行いました。岡山県内、中国四国地方の各市町村及び全国19大都市間において、相互に円滑な活動を行うための体制を構築しています。この体制に基づき、災害により被害のあった市町村へ応援給水などの派遣を行っています。

近年の主な派遣

平成23年3月 宮城県仙台市
東北地方太平洋沖地震による被害により職員12名、給水車1台を派遣
平成28年4〜5月 熊本県熊本市、阿蘇市
熊本地震による被害により職員26名 (給水隊17名、復旧隊9名)、給水車1台を派遣
平成30年7〜8月 倉敷市、真庭市、高梁市、矢掛町、広島県呉市、三原市、愛媛県宇和島市
平成30年7月豪雨による被害により職員158名 (給水隊121名、復旧隊37名)、給水車7台を派遣

災害時の水道水相互融通協定

倉敷市、玉野市とは配水管を連結し、災害時等に相互に水を融通できる体制をとっています。

災害時の燃料供給に関する覚書

神戸市水道局、新潟市水道局と燃料供給に関する覚書を締結し、災害時に相互に燃料を供給できる体制をとっています。

災害時の救援活動に関する覚書

東京都水道局と救援活動に関する覚書を締結し、災害時に相互に救援できる体制をとっています。
仙台市での応援給水
仙台市での応援給水
熊本での漏水調査
熊本市での漏水調査
倉敷市での復旧作業
倉敷市での復旧作業
呉市での応援給水
呉市での応援給水
 

上へ戻る↑

民間団体との協力体制

災害時等において、速やかに水道施設を復旧し、市民への応急給水、広報活動等を行うことを目的として、民間団体と協力できる体制をとっています。

岡山市管工設備協同組合

水道施設の応急復旧に関すること

第一環境株式会社

応急給水、広報活動、被害情報の提供に関すること

一般社団法人 日本建設機械レンタル協会 中国支部 岡山地区支部

発電機の運搬、設置に関すること

岡山県配電盤工業協同組合

電気設備の応急復旧に関すること

 緊急時燃料供給協力事業者

上へ戻る↑

問合せ:
企画総務課
電話 086-234-5906
 
 
岡山市水道局 郵便番号700-0914 岡山市北区鹿田町二丁目1-1  copyrights(c)2007 Okayama City Waterworks Bureau all rights reserved.
更新履歴 更新履歴