岡山市水道局 ようこそ岡山市水道局のホームページへ  
文字を大きくするには サイトマップ サイトの説明 ご意見・お問い合わせ
お客さまへ 事業者の方へ 水質について キッズコーナー 事業案内
電話受付センターのご案内
水道料金
サービス
給水装置の維持管理
指定工事業者一覧
水道工事のお知らせ
防災情報
お知らせ
よくある質問 Q&A
トップページへ戻る
 給水装置の維持管理
給水装置の管理区分についてマンション・ビルなどの水道管理について
直結給水をお勧めします鉛製給水管について
 鉛製給水管について
平成28年7月
 1.水質基準の強化
鉛の水質基準は、平成4年に0.1mg/リットル以下から0.05mg/リットル以下に改められました。この値は、毎日水道水を飲用しても日本人の健康に問題がないとして制定されていましたが、平成15年度からWHO(世界保健機構)の「飲料水のガイドライン」にあわせ、0.01mg/リットル以下へと強化されました。
 
 2.鉛製給水管の使用経過
鉛は金属としては柔らかい材質であるため、加工しやすく給水管などの材質として広く普及していましたが、硬質塩化ビニル管やポリエチレン管の普及に伴い、岡山市では昭和53年3月以降鉛管の使用を中止しました。したがって、それ以前から水道を利用されている場合には、鉛製給水管が使用されている可能性があります。
 
 3.鉛製給水管解消に向けての取り組み
配水管の改良工事や修繕工事に併せて、道路上の給水管が鉛製の場合にはポリエチレン管に替えるよう工事を行っています。
 

Q1

私の家は鉛製給水管を使用しているのでしょうか。
A1 お客様の住所、名前、水道番号をお知らせください。給水台帳などで確認のうえ、連絡させていただきます。
   
Q2 鉛製給水管を使用していますが、水を飲んでも大丈夫ですか。
A2 通常お使いいただいている状態では問題ありませんが、朝一番の水や数日間留守にされたときの使い始めの水は、給水管内に滞留しているため、残留塩素が減少したり、微量の鉛が溶け出していることがあります。念のため、バケツ一杯程度の量を飲み水以外にお使いになることをお勧めします。
   
Q3 宅地内の鉛製給水管は水道局の費用で取り替えてくれるのですか。
A3

給水管(引き込み管)は、個人の財産であり、お客様の負担で取り替えていただくことになります。ただし、道路上の給水管からの漏水等の修繕は、水道局が行ってきた経過から、水道本管の分水栓〜官民境界から1m程度(水道メーター又は第1止水栓)の鉛製給水管は水道局の費用で取り替えを行っています。

   
Q4 鉛が除去できる浄水器はありますか。
A4 現在、鉛除去が可能としている浄水器は市販されているものの、評価方法が確立されていないため、水道局では判断が難しいのが実情です。

 

問合せ:
配水課配水係
電話086-234-5955
 
 
 
岡山市水道局 郵便番号700-0914 岡山市北区鹿田町二丁目1-1  copyrights(c)2007 Okayama City Waterworks Bureau all rights reserved.
更新履歴 更新履歴