岡山市水道局 ようこそ岡山市水道局のホームページへ  
文字を大きくするには サイトマップ サイトの説明 ご意見・お問い合わせ
お客さまへ 事業者の方へ 水質について キッズコーナー 事業案内
課題と計画
広報・広聴
環境への取組
組織と統計
財政
条例・規程
歴史
トップページへ戻る
 歴史
水道のあゆみ有形文化財
 登録有形文化財
 
 岡山市水道関連施設の特徴
岡山市の上水道は横浜、函館、長崎、大阪、東京、広島、神戸に次ぐ全国8番目の近代水道です。開業当初の各施設が良好に残されており、しかもその多くが現役で稼動しているのが特徴といえます。京橋水管橋は、最古級の水管橋というばかりでなく、隣接する“選奨土木遺産”京橋(大型鋼I桁橋、大正6年)と好対照をなし、当地の歴史的景観に占める位置は大きいものです。三野浄水場、半田山配水池は開業時の施設が良好に遺されるばかりでなく、各時代の取水から配水に至る施設が稼動しており、水道の発達や技術的変遷を知ることができます。また、緩速ろ過池、動力室・旧送水ポンプ室、配水池などは煉瓦とこの地域に特徴的な花崗岩切石を多用する“赤”と“白”のコントラストが美しいものです。また、配水池は水道施設としては希有な公開施設です。
 
 京橋水管橋(岡山市北区京橋町〜中区西中島町)
直弦の鋼ワーレントラス5連、全長131.2メートル。創設時(明治38年)の建築です。橋脚は五角形平面のコンクリート造り4基で、「水切り」及び四隅に流木等の衝突による破損を防ぐため、鉄板を取り付けています。水道用鋼製橋で最初期のものです。 京橋水管橋
 
 三野浄水場第一水源取水口
北側取水口は明治38年の創設時のものです。当初はサイフォン式取水管で取水ポンプ吸上井(砂取井)に流入させるものでした。南側取水口は大正15年(第2期拡張工事)の増設です。この拡張工事の際に、北側取水口も自然流下式に改修、現在の構造となります。現在も稼動しており、31,000立法メートル/日の取水能力を持っています。 三野浄水場第一水源取水口
 
 三野浄水場緩速ろ過池(岡山市北区三野)
明治38年の創設時の4基の緩速ろ過池のうち現存する2基。練り粘土にコンクリートブロック積、縁石に花崗岩切石を配します。33.936メートル×33.936メートル、深さ平均2.4メートル。なお、第1期拡張工事の5号緩速ろ過池、第2期拡張工事の7号、8号緩速ろ過池を含め現役で稼動しています。 三野浄水場緩速ろ過池
 
 三野浄水場旧動力室・送水ポンプ室(岡山市北区三野)
煉瓦造平屋建、桟瓦葺、寄棟造り、トラス小屋組みの洋風建築です。屋根の四周にパラペットをのせ、正面に木造、天然スレート葺きの車寄せを設けています。窓は半円アーチの縦長の上げ下げ窓、基礎や窓の要石など随所に花崗岩を使っています。 三野浄水場旧動力室・送水ポンプ室
 
 三野浄水場旧動力室煙突(岡山市北区三野)
旧動力室煙突は特徴的な八角形煉瓦積みの煙突です。もとは高さ30メートルほどありましたが、現在上部は撤去されています。  三野浄水場旧動力室煙突
 
 半田山配水地一号配水池(岡山市北区法界院)
  半田山配水地一号配水池
 
 半田山配水地二号配水池(岡山市北区法界院)
  半田山配水地二号配水池
 
 半田山配水地三号配水池(岡山市北区法界院)
  半田山配水地三号配水池
一号〜三号の円形配水池は同じ構造であり、一号、二号が創設時(明治38年)、三号が第1期拡張工事(大正8年)の建築です。直径20.65メートル、深さ4.5メートル、容量1,170立法メートルで、現在も稼動しています。全国的に類例の少ない円形配水池です。
 
問合せ:
企画総務課
電話086-234-5907

 
岡山市水道局 郵便番号700-0914 岡山市北区鹿田町二丁目1-1  copyrights(c)2007 Okayama City Waterworks Bureau all rights reserved.
更新履歴 更新履歴