岡山市水道局 ようこそ岡山市水道局のホームページへ  
文字を大きくするには サイトマップ サイトの説明 ご意見・お問い合わせ
お客さまへ 事業者の方へ 水質について キッズコーナー 事業案内
水道の水質
水質検査体制
水質検査計画
おいしい水の要件
クリプトスポリジウム
水安全計画
トップページへ戻る
 水道の水質
水質基準水質検査結果水質試験年報
 水質基準について
水道水が備えなければならない水質の要件として「水道法第4条」及びこれに基づく「水質基準に関する省令」により定められています。(平成16年4月1日施行 平成27年4月1日改正)
水質基準項目はこちら
水質管理目標設定項目はこちら
 水質基準項目(51項目)
水質基準項目とは、飲用、生活利用上のために水道水が満たさなければならないもので、水銀などの有害金属やトリハロメタンなどの人の健康に影響を与える項目と、色、濁り、臭いなどの生活利用上支障を及ぼすおそれのある項目が定められています。
  項目 基準値 区分 解説
1 一般細菌 100個/mL以下 病原生物の指標 一般細菌は、従属栄養細菌のうち、温血動物の体温前後で比較的短時間に集落を形成する細菌を言う。
2 大腸菌 検出されないこと 大腸菌は、水が糞便性の病原菌を含む汚水によって汚染されている疑いを示す指標。
3 カドミウム及び
その化合物
0.003mg/L以下 重金属 鉱山廃液、工場排水、下水処理場のスラッジ等から河川へ混入。イタイイタイ病の原因物質。
4 水銀及び
その化合物
0.0005mg/L以下 一般には、無機水銀と有機水銀に分けられる。有機水銀化合物は水俣病の原因物質として知られている。工場排水、農薬、下水等から混入することがある。
5 セレン及び
その化合物
0.01mg/L以下 鉱山廃液、工場排水等から河川へ混入。用途は、整流器、乾式X線撮影板等。
6 鉛及び
その化合物
0.01mg/L以下 河川中には地質、工場排水、鉱山廃水により存在することがある。また、工業製品中に添加物、不純物として含まれ環境中に広く分布する。用途は、蓄電池、農薬。水道管に使用していた時期もある。
7 ヒ素及び
その化合物
0.01mg/L以下 環境中に必ず存在しており、生物圏に普遍的にみられる。人に対する被曝経路としては大気、水、食料であるが、食料がほとんどである。表流水のヒ素は、凝集沈殿、急速ろ過によってほぼ完全に除去できる。地下水の場合は消毒のみであるため注意が必要。
8 六価クロム化合物 0.05mg/L以下 環境中のクロムは、一般的に低いレベルであり、鉱山廃水、工場排水による汚染が問題となる。総クロムを毒性のより高い六価クロムとして評価している。ステンレス等の合金材料、クロムめっき等に使用。
9 亜硝酸態窒素 0.04mg/L以下 無機物質 亜硝酸態窒素は、血液中のヘモグロビンと反応して酸素運搬機能のないメトヘモグロビンを生成する。メトヘモグロビンが10%以上になると窒息状態となる。
10 シアン化物イオン
及び塩化シアン
0.01mg/L以下 シアンは,自然水中にはほとんど存在しない。シアン化合物の混入は、めっき工業、金属精錬、写真工業、金属熱処理、シアン化合物製造業、都市ガス製造工場排水等がある。
11 硝酸態窒素及び
亜硝酸態窒素
10mg/L以下 有機肥料の使用、腐敗した動植物、生活排水、工場排水等が化学的・微生物学的に酸化・還元をうけて、アンモニア態窒素、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素となる。好気的な細菌によって分解され、分解過程の途中の生成物が亜硝酸塩、最終生成物が硝酸塩。亜硝酸態窒素は、血液中のヘモグロビンと反応して酸素運搬機能のないメトヘモグロビンを生成する。メトヘモグロビンが10%以上になると窒息状態となる。
12 フッ素及び
その化合物
0.8mg/L以下 化合物の形で自然界に広く分布している。通常の浄水処理方法では除去できない。飲用水中に適量で虫歯予防、過量で斑状歯になる。
13 ホウ素及び
その化合物
1.0mg/L以下 原子炉の中性子吸収材、ガラス・陶器等に用いられる。
14 四塩化炭素 0.002mg/L以下 一般有機
化学物質
揮発性有機化合物で、フルオロカーボン類(フロン11、フロン12等の冷媒)の原料として使用されている。その他各種の溶剤や洗浄剤としても使用されている。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
15 1,4-ジオキサン 0.05mg/L以下 ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤及びその硫酸エステルの製造工程において副生し、洗剤などの製品中に不純物として存在している。
16 シス‐1,2-ジクロロエチレン及びトランス‐1,2ジクロロエチレン 0.04mg/L以下 揮発性有機化合物で、他の塩素系溶剤の製造工程中に反応中間体として使用され、また、溶剤、染料抽出、香料、ラッカー等にも使用されている。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
17 ジクロロメタン 0.02mg/L以下 揮発性有機化合物で、おもに塗料の剥離剤、プリント基盤の洗浄剤、ゴム等の溶剤に使用されている。土壌に浸透すると吸着され難く生物分解も受けない。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
18 テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下 揮発性有機化合物で、一般に金属の脱脂剤、ドライクリーニング等に広く使われている。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
19 トリクロロエチレン 0.01mg/L以下 揮発性有機化合物で、一般に金属の脱脂剤、ドライクリーニング等に広く使われている。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
20 ベンゼン 0.01mg/L以下 揮発性有機化合物で、染料、合成ゴム、合成皮革、合成洗剤、有機顔料、農薬等多様な製品の合成原料として使われている。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
21 塩素酸 0.6mg/L以下 消毒副
生成物
塩素酸は、主に水道用消毒剤として広く使用されている次亜塩素酸ナトリウム中に不純物として含まれている物質であり、また、次亜塩素酸ナトリウムの保管に伴って、塩素酸の濃度が上昇することが確認されている。
22 クロロ酢酸 0.02mg/L以下 消毒剤の遊離塩素とフミン質、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、EPNが反応して生成される。
23 クロロホルム 0.06mg/L以下 原水中のフミン質等と、消毒剤として用いる塩素が反応して生成されるトリハロメタンの成分の一つで、一般に水道水に生成されるトリハロメタンの中で、クロロホルムが最も多く生成される。
24 ジクロロ酢酸 0.03mg/L以下 消毒剤の遊離塩素とフミン質、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、EPNが反応して生成される。
25 ジブロモクロロメタン 0.1mg/L以下 原水中のフミン質等と、消毒剤として用いる塩素が反応して生成されるトリハロメタンの成分の一つで、生成量は原水中の臭化物イオン濃度に大きく影響される。
26 臭素酸 0.01mg/L以下 オゾン処理時及び消毒剤としての次亜塩素酸生成時に不純物の臭素が酸化され、臭素酸が生成する。
27 総トリハロメタン 0.1mg/L以下 原水中のフミン質等と、消毒剤として用いる塩素が反応して生成されたもの。漏水判定に利用している。クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムの合計を総トリハロメタンという。
28 トリクロロ酢酸 0.03mg/L以下 消毒剤の遊離塩素とフミン質、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、EPNが反応して生成される。
29 ブロモジクロロメタン 0.03mg/L以下 原水中のフミン質等と、消毒剤として用いる塩素が反応して生成されるトリハロメタンの成分の一つで、生成量は原水中の臭化物イオン濃度に大きく影響される。
30 ブロモホルム 0.09mg/L以下 原水中のフミン質等と、消毒剤として用いる塩素が反応して生成されるトリハロメタンの成分の一つで、生成量は原水中の臭化物イオン濃度に大きく影響される。
31 ホルムアルデヒド 0.08mg/L以下 原水中のフミン質等と、消毒剤として用いる遊離塩素が反応して生成される。別名ホルマリン。
32 亜鉛及び
その化合物
1.0mg/L以下 鉱山廃水、工場排水から混入する。亜鉛濃度が1mg/L以上で湯にすると白濁したり、お茶の味が悪くなったりする。
33 アルミニウム及び
その化合物
0.2mg/L以下 水道では、硫酸アルミニウムやポリ塩化アルミニウムが凝集剤として使用されている。白濁の原因になる。
34 鉄及び
その化合物
0.3mg/L以下 鉄は、地殻中に多量に存在する。水道水中の鉄は水道管に由来する。赤水や錆コブの原因になる。
35 銅及び
その化合物
1.0mg/L以下 鉱山廃液、工場排水、農薬の混入等が汚染源である。銅管を使用した給湯器から溶出する。銅が石鹸と反応して銅石鹸になり、容器やタイル等を青色にする。銅が多いと特有の金属味や着色(青色)を呈する。
36 ナトリウム及び
その化合物
200mg/L以下 味覚 水道では、ソーダ灰、苛性ソーダを凝集の際のアルカリ剤、あるいはpH調整に用いる。次亜塩素酸ナトリウムは消毒処理に使用する。
37 マンガン及び
その化合物
0.05mg/L以下 金属マンガンは、ステンレス特殊鋼の添加材等に用いられる。二酸化マンガンは、乾電池、酸化剤等に用いられる。水道管内に付着した酸化マンガンが、流速の変化等で剥離し、給水管から流出し黒い水が出ることがある。
38 塩化物イオン 200mg/L以下 味覚 水中に溶解している塩化物(ナトリウム塩、カリウム塩、カルシウム塩)中の塩素分をいう。塩化物イオンが250mg/Lを超えると塩味を感じる。
39 カルシウム、マグネシウム等(硬度) 300mg/L以下 カルシウム塩、マグネシウム塩の含量で表す。カルシウム、マグネシウムの塩類を多く含む水を硬水、少ない水を軟水と言う。カルシウム硬度は、水道管の腐食に関係があり、軟水では腐食性が大きく、硬水では金属表面に炭酸カルシウムの保護被膜が形成される。おいしい水の要件として10〜100mg/L程度となっている。
40 蒸発残留物 500mg/L以下 蒸発乾固したときに残渣として得られた総量をいう。おいしい水の要件として30〜200mg/L程度となっている。
41 陰イオン界面活性剤 0.2mg/L以下 発泡 洗濯用あるいは台所用合成洗剤として広く使われている。泡立ちの原因となる。
42 ジェオスミン 0.01μg/L以下 におい 湖沼及び貯水池で繁殖する藍藻類のアナベナやオシラトリア等により産生され、かび臭を発生する。
43 2-メチルイソボルネオール 0.01μg/L以下 湖沼及び貯水池で繁殖する藍藻類のフォルミディウムやオシラトリア等により産生され、かび臭を発生する。
44 非イオン界面活性剤 0.02mg/L以下 発泡 非イオン界面活性剤は、界面活性剤のうちイオンに解離する基をもたない物質の総称で、近年、陰イオン界面活性剤と同程度の生産量がある。洗濯用あるいは台所用合成洗剤として広く使われている。泡立ちの原因となる。
45 フェノール類 0.005mg/L以下 におい 自然水に含まれることはなく、化学工場や石炭ガスプラントからの排水に含まれている。フェノールを含む原水を塩素処理することでクロロフェノールが生成し、異臭味を与える。
46 有機物(全有機炭素(TOC)の量) 3mg/L以下 味覚 水中の有機物の量を表す指標。トリハロメタンの生成と相関がある。
47 pH値 5.8以上8.6以下 基礎的
性状
溶液の酸性、アルカリ性の強さを簡単な指数で表したもの。一般に天然水のpH値は5.0から9.0の範囲にある。
48 異常でないこと 水に溶存する物質の種類・濃度によって感じ方が異なる。甘味・酸味・塩味・苦味の4種で構成される。
49 臭気 異常でないこと 水につく臭いを示している。水道水で問題になるのは、藻類や放線菌等の生物に起因するかび臭物質、フェノール等の有機化合物の臭いである。
50 色度 5度以下 水の色の程度を示す。天然水の色度は、主にフミン質に由来する。また、給水栓での着色には鉄(赤褐色)、マンガン(黒色・褐色)等がある。
51 濁度 2度以下 水の濁りを目視又は機器を使用して定量的に表現したものである。水の濁りは、水中に分散している微細な粒子の状態を示している。
上へ戻る↑
 
 水質管理目標設定項目(26項目)
将来にわたり水道水の安全性の確保等に万全を期するため、水道水質管理上留意すべき項目が設定されています。農薬等の人の健康に影響を及ぼすおそれが疑われている項目と、より質の高い水道水を供給するための項目が定められています。
  項目 目標値 区分 解説
1 アンチモン及び
その化合物
0.02mg/L以下 重金属 自然水中にはほとんど存在しない。工場排水等の混入により含まれることがある。半導体材料、顔料等に使用。
2 ウラン及び
その化合物
0.002mg/L以下
(暫定)
天然には花崗岩や他の種々の鉱床に広く存在する。ウラン化合物は触媒や着色剤、核燃料として使用される。
3 ニッケル及び
その化合物
0.02mg/L以下 自然水中に存在することはまれである。鉱山廃水、工場排水、ニッケルメッキの溶出等から混入する。水道管材等の腐食による汚染もある。
5 1,2-ジクロロエタン 0.004mg/L以下 一般有機
化学物質
揮発性有機化合物で、主に塩化ビニルモノマーの原料、金属の脱脂剤、フィルム洗浄剤等に広く使われている。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
8 トルエン 0.4mg/L以下 揮発性有機化合物で、製造過程や原料として使用している段階で環境中に放出される。水中に残存するトルエンは、底泥中の有機物に吸着され、ゆっくり生物分解される。用途は、染料、香料、樹脂や塗料の溶剤、ガソリンの添加剤また石油の成分でもある。
9 フタル酸ジ(2-エチルヘキシル) 0.08mg/L以下 プラスチックに柔軟性を持たせる可塑剤の中で多く使用される合成有機化合物のフタル酸エステルのひとつ。可塑剤として、ポリ塩化ビニルフィルム、シート、レザー、印刷インキの溶媒に使われている。
10 亜塩素酸 0.6mg/L以下 消毒
副生成物
二酸化塩素による消毒副生成物として生ずる。二酸化塩素を使用する水道事業者等において水質監視を実施するもの。
12 二酸化塩素 0.6mg/L以下 消毒剤 水の消毒に使用。二酸化塩素を使用する水道事業者等において水質監視を実施するもの。
13 ジクロロアセトニトリル 0.01mg/L以下
(暫定)
消毒
副生成物
消毒剤の遊離塩素とフミン質、藻類、アミノ酸が反応して生成される。
14 抱水クロラール 0.02mg/L以下
(暫定)
消毒剤の遊離塩素とフミン質、塩化シアンが反応して生成される。
15 農薬類 検出値と目標値の比の和として、
1以下
農薬 水稲・野菜・林業・ゴルフ場等に使用されている。使用されている農薬、使用時期などを調査し、試験を行っている。現在120成分が選ばれている。
16 残留塩素 1mg/L以下 におい 水道法により塩素で消毒を行ない、給水栓で残留塩素を保持することが義務づけられている。塩素は、細菌類、特に消化器系病原菌に対して迅速で効果的な殺菌効果を示す。浄水過程では酸化力を利用して鉄、マンガン、臭気、藻類の除去処理に利用されている。
17 カルシウム、
マグネシウム等
(硬度)
10mg/L以上
100mg/L以下
味覚 カルシウム塩、マグネシウム塩の含量で表す。カルシウム、マグネシウムの塩類を多く含む水を硬水、少ない水を軟水と言う。カルシウム硬度は、水道管の腐食に関係があり、軟水では腐食性が大きく、硬水では金属表面に炭酸カルシウムの保護被膜が形成される。おいしい水の要件として10〜100mg/L程度となっている。
18 マンガン及び
その化合物
0.01mg/L以下 金属マンガンは、ステンレス特殊鋼の添加材等に用いられる。二酸化マンガンは、乾電池、酸化剤等に用いられる。水道管内に付着した酸化マンガンが、流速の変化等で剥離し、給水管から流出し黒い水が出ることがある。
19 遊離炭酸 20mg/L以下 味覚 水中に溶解している二酸化炭素のことである。遊離炭酸には従属性遊離炭酸と侵食性遊離炭酸がある。
20 1,1,1-トリクロロエタン 0.3mg/L以下 におい 揮発性有機塩素化合物で、一般に金属洗浄、ドライクリーニング等に広く使われている。これらが地下水を汚染し水道水に混入する可能性がある。
21 メチル-t-ブチルエーテル 0.02mg/L以下 ガソリンのオクタン価向上剤、アンチノック剤などに使用されている。これらが地下水を汚染し水道水に混入する可能性がある。
22 有機物等
(過マンガン酸カリウム消費量)
3mg/L以下 味覚 水中の有機物の量を表す指標。トリハロメタンの生成と相関がある。
23 臭気強度
(TON)
3以下 におい 臭気強度は、水につく臭いの強さ。臭気がほとんど感知できなくなるまで検水を希釈し、その希釈倍数で表す。
24 蒸発残留物 30mg/L以上
200mg/L以下
味覚 蒸発乾固したときに残渣として得られた総量をいう。おいしい水の要件として30〜200mg/L程度となっている
25 濁度 1度以下 基礎的
性状
水の濁りを目視又は機器を使用して定量的に表現したものである。水の濁りは、水中に分散している微細な粒子の状態を示している。
26 pH値 7.5程度 腐食 溶液の酸性、アルカリ性の強さを簡単な指数で表したもの。一般に天然水のpH値は5.0から9.0の範囲にある。
27 腐食性(ランゲリア指数) -1程度以上とし、極力0に近づける 配管等にスケールを析出するか、腐食するかを示す指標。
28 従属栄養細菌 2000個/mL以下
(暫定)
微生物の指標 浄水処理過程や消毒過程での細菌の挙動を評価する指標。
29 1,1-ジクロロエチレン 0.1mg/L以下 一般有機
化学物質
揮発性有機化合物で、一般に塩化ビニリデン樹脂の製造原料である。これらが地下水を汚染し、水道水に混入する可能性がある。
30 アルミニウム及び
その化合物
0.1mg/L以下 水道では、硫酸アルミニウムやポリ塩化アルミニウムが凝集剤として使用されている。白濁の原因になる。
上へ戻る↑
 
問合せ:
水質試験所
電話086-222-9061
 
 
岡山市水道局 郵便番号700-0914 岡山市北区鹿田町二丁目1-1  copyrights(c)2007 Okayama City Waterworks Bureau all rights reserved.
更新履歴 更新履歴